泉佐野食品コンビナートのハネ

Almighty_3

今回は来る10月15日、(財)日本釣振興会主催の大阪府ファミリー釣り大会が開催される泉佐野食品コンビナートを紹介しよう。コの字型をした釣り場は極めて広大で潮通しが良く魚種も多彩。数多いポイントの中、家族連れには通称ドラムカン岸壁が最適。車を降りたところがポイントで足場もよくサビキで小アジの数釣りが楽しめる。また、足元にシラサエビをつけた胴突き仕掛けを放り込んでおくと意外な大物もくるので入賞の可能性も充分だ。一方、大会で上位を狙いたい人には断然エビ撒き釣りがおすすめ。食品コンビナートを取り囲むテトラ一帯がポイントとなるが、中でも見出川尻、佐野川尻付近に分がある。30~40センチのチヌや40~60センチのハネが中心だが、ハリスがふっ飛ぶ大物も出る。道具立ては磯竿1.5号5メートル、小型スピニングリールに道糸3号。クッションゴムオモリ1号に感度のよい棒ウキ。チヌ針3号にハリスは1.5号を1ヒロ。サシエ、マキエともシラサエビを使用するので最低でも5杯は持参すること。タナは2~2.5ヒロとり、日の出前から竿を出しておけば大物と出会う可能性も高い。なお、テトラでは安全のためライフジャケットと磯靴をお忘れなく。

なお、大会の受付時間は午前6~8時で審査は午前11時~正午まで。

1匹長寸で競い合うがアナゴなどの長物は審査外。参加費は無料。釣り具とエサさえ持参すれば誰でも参加できる。上位入賞者には豪華賞品も多数用意されている。秋の休日、腕試しをかねて是非とも参加してみたい。問い合わせ先・日釣振大阪府支部06-6531-0987
<メモ>交通=阪神高速湾岸線「泉佐野北」出口を降り、住吉町信号交差点を右折すると港へ出る。