第7回 波止釣りの仕掛けを作ろう(糸の結び方・上級編)

10

第7回目の波止釣り講座は、糸の結び方における卒業試験となる、糸と針の結び方について説明させていただきます。
1DSCN0160


糸とサルカン、糸と糸の結び方については、できるようになりましたか?

針を結べてこそ、ほんとうの釣り師になれるのです。

さあ、最後の難関にチャレンジしてみましょう!

糸と針の結び方(外掛け結び)について

「外掛け結び」は、数種類ある糸と針の結び方の中でも覚えやすく、
かつ手軽に結べる方法です。

小さな針から大きな針まで幅広く対応できるのが魅力です。

それでは、実際にやってみましょう。

私の指と糸を巻き付ける位置や通す位置にご注目下さい。

1 右足のひざを折り曲げてひざの裏で糸をはさむ。
s7p1

2 糸を張りながら針軸に糸を添え、左手の人さし指と親指で針の腰(曲がり部分)をつまむ。
s7p2

3 ハリスの端で輪を作り、針の曲がり部分からハリスドメの方に向かって針軸に6~7回程度、糸を巻きつけていく。
巻きつけていく時は、中指を使って、巻いた部分を押さえる。
s7p3

4 針軸と糸をつまんでいる左手の親指、人さし指、中指を、右手の人さし指と親指に持ちかえる。
(糸がほぐれてしまわないよう、瞬間的に持ちかえる)
s7p4

5 巻き終わったハリスの端を輪の中にくぐらせる。
s7p5

6 ハリスの本線が針軸の内側からずれないように注意し、本線をゆっくり引っ張って締めていく。ハリスの端は、5ミリ程度残してカットする。
s7p6
s7p7

この結び方での注意点は、針軸に糸を巻きつけていく時には、常に糸を張っておくということです。糸がたるんでしまうと、うまく作業ができません。そして、糸どおしが重ならないよう、しっかりとていねいに巻いていくことです。

また、結び終わった後、結び目際のハリスは、必ずハリスドメの内側にくるようにしておいて下さい。
良い例
s7p8

外側にまわっていると、魚が掛かりにくくなり、ハリスも切れやすくなります。
悪い例
s7p9

~どうしても、結べない方へ~

いくら練習してもできない、指が思うように言うことを聞いてくれないと嘆いている方。これ以上やれば、自分はいつ暴れ出すか分からないし、周りにいる家の人達が危険と判断される場合は、釣り具店で「電動ハリ結び器」や「ハリス付き釣り針」の購入をお勧めします。
s7p10

でも、これはあくまでも、最後の手段。釣具店に甘えていてはいけません。できるだけ、練習して下さい。

いかがでしたか?

第5回目の講座より、3回にわたって、糸の結び方を練習してきたわけですが、その中でも、

「私は完璧だ」という人。

「もう少し練習すればできる」という人。

「電動ハリ結び器やハリス付き釣り針を買いに行こう!」という人。

いろんな方がおられると思います。

しかし、ほんとうに釣りが好きで、月に何回も釣行される方は、繰り返し糸を結んでいくことによって、必ず体得できるようになりますので、ご心配なく。

私が担当していた「釣り教室」の生徒は、子供たちが中心ですが、糸と針の結び方については、特に時間をかけて、みっちりと教えてあげるようにしていました。