第11回 波止釣りのエサについて(前編)

14

第11回目と12回目の波止釣り講座は、釣りエサに関するお話しをさせていただきます。

元来、魚は住んでいる環境に応じ、周囲の生物をエサとして捕食しています。

しかし、同じ魚でも成長過程、季節、生息場所により食性が異なる場合もあります。

また、都心近郊の波止に生息する魚は、住民の生活排水に混じって流れ込んでくる、人間の食べものを捕食しているケースもあります。

それでは、波止釣りでよく使われる一般的なエサを紹介していきたいと思います。

~環虫類(イソメ)~
イソメ類は、関西では虫エサとも呼ばれています。また、エサ自体が発光するので、夜釣りでは特に威力を発揮します。
イソメ類の針の刺し方は次のようなものがあります。

チョン掛け
通し差し
房掛け
縫い差し

青イソメ
波止釣りのエサとしては中心的な存在で、あらゆる魚種を対象とする「万能エサ」と言われています。針に刺した時の動きが良いので、魚に大きくアピールできることも特徴です。
このエサで釣れる魚たち:スズキ・クロダイ(チヌ)・アイナメ(アブラメ)
カサゴ(ガシラ)・メジナ(グレ)・ウミタナゴメバル・カワハギ(ハゲ)・キス・カレイなど
青イソメ

石ゴカイ
針に刺した時の動きも良く、また、魚の食い込みも抜群です。しかし、その反面、細くて、短く、おまけにヌルつきが激しいので、針には刺しにくいという難点もあります。キスを狙った投げ釣りやメジナ(グレ)釣り、その他、波止からの小物釣りに使われます。
このエサで釣れる魚たち:キス・メジナ(グレ)・カワハギ(ハゲ)・ハゼ・その他小物

岩イソメ(関西では、マムシ)エサの刺し方
筋肉質で太く、寒さに強いため、冬がシーズンのカレイ、アイナメ(アブラメ)釣りに多用されます。また、濃厚な体汁は非常に臭いが強く、チヌ釣りの特効エサとしても活用されています。針からちぎれにくいことも、特徴のひとつです。
このエサで釣れる魚たち:クロダイ(チヌ)・アイナメ(アブラメ)・カサゴ(ガシラ)・カレイ・マダイ(都心の波止からは、めったに釣れませんが)など
マムシ2

袋イソメ(イチヨセ)
このエサはミノムシのように袋の中に住んでいます。袋から取り出す時にちぎれてしまうこともありますので気を付けて下さい。クロダイ(チヌ)を狙った夜釣りでは、特に効果を発揮します。
このエサで釣れる魚たち:クロダイ(チヌ)・スズキ・アイナメ(アブラメ)・カサゴ(ガシラ)など

~貝類~
エサ自体が硬いので、エサ取り(釣る目的以外の小魚で、貴重なエサを集団でかすめ取る、うっとおしいやつら。カワハギやフグ、スズメダイなどのこと)にも強く、クロダイ(チヌ)・イシダイ(サンバソウ=イシダイの子供)などを狙う場合に使います。

イガイ エサの刺し方
夏場の波止際を覗いて見て下さい。そこにびっしりと張り付いている貝が「イガイ」と呼ばれているものです。波止で採取しても良いのですが、必要以上に採るとその波止にはクロダイ(チヌ)が寄りつかなくなります。落とし込み釣りに使うエサとして全国的に有名です。
このエサで釣れる魚たち:クロダイ(チヌ)・キビレなど

フジツボ エサの刺し方
チューブハミガキのフタのような形をした、白くて小さな貝です。捨て石やテトラポット、波止際に何粒も固まった状態で張り付いています。秋口に落とし込み釣りのエサとして使い、イシダイ(サンバソウ=イシダイの子供)など、うれしい外道(釣る目的以外の魚)が掛かる場合もあります。
このエサで釣れる魚たち:クロダイ(チヌ)・イシダイ(サンバソウ=イシダイの子供)など

~魚類~
魚は基本的に雑食性であり、魚を食べる魚は一般に「フイッシュイーター(魚食魚)」と呼ばれています。例えば、シラス(イワシの幼魚)を食べる魚がアジで、そのアジを食べる魚がタチウオやスズキ、ハマチなどです。ちなみに、タチウオやスズキ、ハマチなどを食べる魚はサメや超大型の魚食魚なのですが、波止の周りでは、そんなすごい魚たちは生息していません。そのため、波止周りに生息する王者たちは、アジやイワシなどの小魚を食するフイッシュイーターたちなのです。また、最近では、活きた小魚をイメージした「ソルトウォーター(海でのルアー)フイッシング」によるシーバス狙いが大流行です。

キビナゴ エサの差し方
キビナゴは冷凍物がほとんどです。風にあたるとカラカラに乾燥してしまうので、使う分だけクーラーから取り出すようにして下さい。タチウオやカマスを狙ったウキ釣りに使います。
このエサで釣れる魚たち:タチウオ、カマスなど
kibinago

ドジョウ エサの刺し方

タチウオの引き釣り(タチウオテンヤを使って仕掛けを沖合いへ投げ込み、手前へ引いてくる釣り方)に使います。毎年、夏頃から出回るエサですが、地域により売っていないところもあります。
このエサで釣れる魚たち:タチウオ

シラス エサの刺し方
ウキ釣りでアジを狙う場合に使います。キビナゴと同様に冷凍ものが主流です。シラスは、私たちの食卓で見かける場合もあります。
このエサで釣れる魚たち:アジ、イワシ、サバなど
シラス

アジ・イワシ エサの刺し方
スズキやハマチなどを狙う場合は、エアーポンプで活かしておき、針に刺して泳がせながら釣ります。(ノマセ釣り)
タチウオを狙う場合は、死んだエサ(冷凍物)でも構いません。
このエサで釣れる魚たち:スズキ・ハマチ・タチウオ・アコウ・ヒラメなど

aji

魚の切り身 エサの刺し方
スーパーで買ったサンマやイワシを切り身にしてエサに使うとかなり経済的です。
魚の切り身は皮に針を刺せば、はずれにくくなります。
このエサで釣れる魚たち:カサゴ(ガシラ)、タチウオなど