ストレスと釣りのすばらしい関係

65

~悩める中年救います~

~釣りは悩める中年層を救う~

 和歌山マリーナシティ・海釣り公園

 

釣りとは、親子のコミュニケーションがはかれるすばらしい潤滑剤でもあります。テレビゲームに熱中し、ほとんど親とも口を聞かずにキレる、暴れるといった最近の子供や青少年にこそ釣りの楽しさ、すばらしさを分かってほしいものです。全国のお父さん方、釣りでもって子供たちとコミュニケーションをとって下さい。最近では極一部の高校・大学の授業にも釣りを取り入れているところもあります。釣り教室に来てくれている子供たちの目はみんな輝いています。大人でもこれから釣りを始めていただければ、今まで忘れていた大事なものや気づかなかったことなどを感じ取ってくれると信じています。

 

また、釣り場での状況判断をもとに、いかにして魚を釣るかということを推測することは、洞察力をも身に付けるといったすばらしい利点もあります。

 

今や大衆レジャーとなった釣りは、若年から老年まで非常に幅広い年齢層の人が楽しむことができます。その人口は現在、全国において3千万人を超えるものと推定されています。特にここ近年、一種のファッションとも言える「ルアーフイッシング」や、家族揃って比較的お金を費やすことなく楽しめる「ファミリーフイッシング」のブームが到来したことにより、今後も年を追って釣り人口が増加することはまちがいありません。

釣りがこれほどまでにブームとなった以上、「ルール・マナーを守ることは当たり前」の時代とならなければいけません。しかし、都市圏の釣り場でもお分かりのとおり、釣り人の数=ゴミの数といった状況の中、現行では未だ「ルール・マナーの不確立・不徹底」といった点が非常に目立ちます。

いつまでも、後世に残るきれいな釣り場を残していくためには、是非とも釣り人皆さんの力が必要なのです。

 

 

 

  • 釣りとストレスについて・・・参考本参照のこと

 

  • 釣りをすることのメリット

洞察力が身につく

集中力が身につく

考える力が身につく・・・指導マニュアルを参照

 

ストレスが問題となっている現代社会。これが真の2000年問題と言っても過言ではないはず。これをうまく解決できることはないものか。

釣りは癒しの効果があることも「釣りバカ日誌」をご覧いただければお分かりのことでしょう。

 

21世紀を目前に控えた世の中にはリストラで生きる道を見失っておられる方や親子断絶など辛い日々を過ごしている方々がたくさんおられます。

 

そんな方にこそ手軽で金もかからない「波止釣り」という楽しみ見つけてもらいたいのです。

たとえ、釣れなくても海を眺めて糸を垂れているだけで、数々のわずらわしさや将来の不安といったものは少しでも解消されることでしょう。

 

釣りの楽しさや奥の深さに目覚めていただき、おおげさなようですが自分の生きがいに感じていただければこれほどうれしいことはありません。